• ホーム
  • 誰でも簡単にできる!バストアップのエクササイズ法

誰でも簡単にできる!バストアップのエクササイズ法

バストアップは多くの女性の憧れの一つです。
バストは生まれつきと思って諦めるか、整形手術で豊胸手術をするしかないと思っている人も少なくありません。
バストアップは無理と諦め、矯正下着でバストアップを図る方法はもはや主流ですが、一方で締め付けや型崩れなどの心配も出てきてしまいます。
昨今は締め付けない下着も多く発売され、バストを矯正するというよりもストレスなく包み込むものが従来の矯正下着に取って代わろうとしています。
ではバストアップを目指す女性にはもう手立てがないのでしょうか。
実は手立てはあります。そのためには少し身体の構造を知ることが必要です。
胸には大胸筋という非常に大きな筋肉があります。女性のバストはこの筋肉の上に脂肪や乳腺がありふくよかなバストを形成しています。
筋トレ好きの男性のたくましく分厚い胸板を想像してください。男性にも関わらず胸が隆起しています。
近年芸能人でも筋トレの芸人が増え、一昔前まではガリガリか肥満体型だったのがムキムキの姿になり、テレビで披露したりしています。
あの胸はまさに筋肉でできているのです。
では女性の場合はどうなのでしょうか。確かに女性が男性のように筋肉はつきません。
たとえ同じようなハードな筋トレをしても同じようには筋肉はつきません。
しかし女性も正しい筋トレをすれば確実に筋肉はつきます。
筋肉は高齢者でも幼児でも負荷をかければそれに応じて筋肉がつくのです。これを筋肥大と言います。
では逆に筋トレをしっかりしてプロテインでも飲んでしまえば女性でもムキムキになってしまうのかといえばそのようなことは決してありません。
筋骨隆々の女性アスリートは何年も何年も血の滲むような努力を続け、徹底した栄養管理のもとであのような体を手に入れているのです。
バストは筋肉の上にあるということは、筋肉をつけ肥大させればバストアップは可能となります。また余計な脂肪がなくなり土台の筋肉ができればバストはきれいな形となります。

お風呂でも実践できるエクササイズ方法

バストアップのためのエクササイズは様々あります。
重要なのはしっかりと負荷をかけることです。
負荷が弱ければただの有酸素運動となってしまい、筋肥大にはあまり効果がありません。
ジョギングをして太ももやふくらはぎがムキムキにならないのと同じ理由です。
もっともバストアップにおすすめのエクササイズはベンチプレスです。
ベンチプレスはスポーツジムに行かないとできません。
フリーウェイトというバーベルを上げ下げするものと、マシンで軌道が固定されている状態で上げ下げするものがあります。
どちらも大差はないので自分に合うものでぎりぎり10回挙げられる重さで3セットを週2~3回という方法が大胸筋の筋肥大には効果的です。
しかしなかなかスポーツジムに通えない人も多くいます。
そういう人は自宅でできるエクササイズがおすすめです。
特にお風呂などリラックスしながらも時間的ゆとりがある中でのエクササイズはおすすめです。
お風呂で行うエクササイズでは胸の前で手を合わせぐっと力を入れる運動です。
これをアイソメトリックトレーニングといい、日本語では等尺性筋収縮運動といいます。
動くという動作がないのでどこでも安全にでき高齢者の運動や怪我からのリハビリでも多く使われている効果的なエクササイズです。
空気椅子も同じ原理です。
胸のアイソメトリックトレーニングは胸の前、右側に寄せて、左側に寄せて、顔の前、指先を下にしておへその前で順番に10秒ずつ全力で押し合いましょう。
これを2セット週3~5回行います。
手の位置を変えることで大胸筋の隅々にまで刺激がいき、きれいに筋肥大します。
アイソメトリックトレーニングが終わったらマッサージをし疲れを残さないようにしましょう。
アイソメトリックトレーニングの前にマッサージすることで筋肉がほぐれ力が入りやすくなることがあるのでおすすめです。
お風呂でアイソメトリックトレーニングをして理想のバストアップを目指しましょう。