• ホーム
  • バストアップと睡眠の関係性

バストアップと睡眠の関係性

豊かなバストはそれだけで魅力的な女性としての大きな武器となります。
特に胸が小さい女性にとっては大きなバストになることは切実な願いの一つでもあります。
バストアップさせる方法はいくつもありますが、最も簡単でありながら大きな効果が期待できるのが睡眠です。
寝るだけでバストが大きくなるという話はにわかには信じがたいかもしれませんが、睡眠時にバストが成長する理由としてはれっきとした根拠があるのです。
睡眠はバストアップだけでなく、女性の魅力を出すために必要不可欠な綺麗な肌を維持する効果も期待できます。
たかが睡眠と馬鹿にせずに一度自分の睡眠を見直してみましょう。最近は仕事が終わってからついつい夜更かしをする人が多いです。
しかし夜更かしはお肌にもバストアップにも大敵です。バストアップやハリのある肌を生み出すためには成長ホルモンが必要不可欠です。
成長ホルモンは睡眠時に最も多く分泌されるのですが、ただ寝ればいいというわけではありません。
成長ホルモンがたくさん分泌されるゴールデンタイムというものがあります。
具体的に成長ホルモンが最も多く分泌されるゴールデンタイムは夜10時から夜中の2時ごろまでといわれています。
女性らしい豊かなバストとハリのある綺麗な肌を手に入れたいのであれば毎日成長ホルモンが最も分泌されるゴールデンタイム時には布団に入って就寝するようにしましょう。
実際にバストの平均サイズを各県ごとに計測した結果、バストサイズが平均を上回っている県ではバストの成長が最も著しい第二次成長期に早めの時間に就寝している子供が多いですし、逆に平均よりも小さな県は就寝時間が遅い子が多いというデータが出ています。
第二次成長期が過ぎていても諦める必要はありません、第二次成長期に比べれば分泌量が少なくはなっていますがバストの成長に必要なエストロゲンは第二次成長期が過ぎても出続けています。
ですから毎日10時前に寝るようにすればバストアップの効果は必ず出てきます。

夜寝る時はブラジャーをしたほうがいい

女性にとって常に意見が分かれるのが睡眠時にブラジャーを着けるか着けないかです。
着ける人と着けない人、どちらが多いのかというと、一般的には着けない人が半数以上を占めています。
着けない人の理由としては睡眠時にブラジャーを着けていると締め付けられている感じがして苦しいため、よく眠れないという意見が最も多いです。
確かに睡眠時にブラジャーを着けているとリンパの流れが悪くなったり、バストを支えるクーパー靭帯にもダメージを与えるので良くありません。
しかしながらブラジャーを着けずに眠ることも特に形の綺麗なバストを維持するためには禁物です。
私たちの体は常に重力の影響を受けています。バストも例外ではありません。
起きているときはブラジャーで支えられていることによって重力の影響を防いでいます。
しかし重力の影響は睡眠時にも受けているため、睡眠時にブラジャーを着けないでいると重力によってバストが垂れ下がるのです。
ブラジャーを着けていれば締め付けられることが良くないし、ブラジャーを着けずに眠れば重力によってバストが垂れる、これではどうするのが最善の方法か分からなくなります。
美しいバストを維持するためには睡眠時にはブラジャーは着けておかなければいけません。
しかし、着けるブラジャーは昼間起きているときに着けているブラジャーではありません。
ブラジャーにはスポーツの時に装着するスポーツブラが存在することを知っている人は多いですが、睡眠時にも専用のブラジャーが存在することを知っている人は案外少ないです。
睡眠時には睡眠の時専用のナイトブラをつけるようにしてください。
ナイトブラは通常のブラジャーと違ってワイヤーが入っていないため、締め付けもそれほどありません。
ナイトブラを着けて眠ることでバストが垂れることを防ぐことが出来ます。